2017年01月05日

2017年

DSC08230.JPG
2017年になりました。
明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

大晦日から三が日にかけて、お寺は1年で最も忙しくなります。

まずは12月31日午後11時半より、鐘楼にてお勤めし、
除夜の鐘を衝き始めます。
毎年108人目の方までは整理券を配っておりますが、
一番乗りの方は夜10時頃より並んでいらっしゃるそうです。


DSC08238.JPG
DSC08235.JPG


その後、午前0時、つまり新年になったその時より、
本堂にて「修正会(しゅうしょうえ)」という法要をします。
参詣の方の所願成就、健康などをお祈りし、
護摩を修法します。
DSC08250.JPG

護摩の申込の方には、護摩木での祈願と、
お財布や鞄などの持物の加持をいたしました。

二年参りをしようと、年明けの頃にはこれくらいの列ができます。

DSC08249.JPG

夜が明けて元旦の朝。
DSC08256.JPG
DSC08257.JPG

今年は三日間とも晴れたこともあって、
大勢の参拝者で境内は賑わいました。
長いときには、列に並び始めてから本堂にお詣りができるまで、
45分かかった、という方もいたとか。

そして。
お正月三が日のみ、竹林寺では「お福わけ」という新春行事があります。
水引のついた五円玉と、縁起物を櫓の上から蒔くものです。
DSC08301.JPG
DSC08293.JPG
DSC08287.JPG


蒔いた五円玉は「一粒万倍の種銭」。
どうぞお財布の中にしのべておいてください。

なお、今年より境内の混雑・混乱を避けるため、
お福分けの折ごとに、参拝列の整理を行いました。
ご協力いただきました方、ありがとうございました。
DSC08311.JPG
続きを読む
posted by 竹林寺 at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする